スタッフ紹介

朝霞店 営業 深澤 涼

深澤 涼

住み慣れた街で、住まいに関わる仕事がしたい

 就職活動は早い段階からはじめていた方だと思います。総合事業をやっている会社にインターンシップに行って、さまざまな業界を知りました。住宅業界の中でも賃貸や売買、投資系がありますが――特に興味を持ったのは注文住宅でした。パンフレットや実際に販売された住宅を見て「いいな」と思ったんです。お客様の夢が具体的な形になること、建ち並ぶ家で新たな「街」ができることに感動しました。そこからはハウスメーカーに絞り始めました。
 
 家を紹介するならよく知っている地域が良い、近所で働きたいと思い見つけたのがマイタウンです。実は私は生まれも育ちも富士見市の東上線ヘビーユーザーなんですよ。高校や大学も東上線に乗って通っていました。馴染みあるエリアですし、住みやすさはよくわかっていますから、自信を持ってご案内できます!
 現在は社用車で物件の下見や写真撮影のため地域をまわっているのですが、車で移動する立場になると、住み慣れた街でも新たな発見がありますね。子どものいる家族目線、お客様の立場になって、家や街を見るようにしています。

深澤涼2.jpg

家づくりは夢を実現するものだと思っています

 入社してみて、不動産会社としての業務が多いことに驚きました。お家を購入するまでには沢山の下調べがあって、段取り良く手続きをしなくてはならなくて。宅地建物取引士の勉強と併せて、覚えることがいっぱいありますね。実務の中で先輩や上司が「これ宅建で出題される問題だよ」とよく教えてくれます。建物のこと、ご購入に至るまでの手続きのこと、日々入ってくる新着物件の情報――お客様の住宅購入・家づくりの力になれるよう、しっかり身につけたいと思います。
 
 家づくりはお客様の夢を実現するものだと思っています。こんな暮らしがしたいとか、こういう空間で過ごせたら幸せであるとか、お客様それぞれにある夢を具体的な形にするものです。その案内・サポート役は大きなやりがいのある仕事だと思っています。フリープラン住宅のお打ち合わせに携わり、お引渡しの日を迎えるのがとても楽しみです。

深澤涼3.jpg

学生時代はスイミングスクールの先生でした

 小1から9年間、水泳を続けていました。体を動かすことが好きですね。泳法にこだわらなければ、いくらでも泳げると思います! 大学生になってからは通っていたスイミングスクールでコーチをやっていました。泳ぎ方を教えるクラスだけでなく、小さな子どもが水に慣れるためのクラスも担当していました。はじめてのプールに怖がる子もいれば、すぐに飛び込んでいこうとする子もいます。どうすれば安全に楽しんでもらえるか、色々と考えていました。
 
 "コミュニケーションをとる"、"しっかり観察する"、"きちんと準備をする"。住宅営業の仕事でも大切なことだと思っています。こうみえて私はかなりの慎重派なんです。明るくてハキハキしているね、と言われることも多いのですが……よく同期や上司のポジティブな考え方に「こういう見方もあるんだ」とはっとさせられます。お客様の住宅購入・家づくりが安心できるものになるよう、不安要素は事前に解消してご案内に臨みます!

深澤涼3.jpg

「深澤さんになら、なんでも相談できる」そんな担当になりたい

 住宅購入や家づくりをする上で、わからないことは沢山出てくるはずです。そういうときに「深澤さんに聞いてみよう」と頼りにされる営業担当になりたいと思っています。どんなに小さなことでも、この人ならわかるだろうな、丁寧に教えてくれるだろうと信頼される人になりたいです。
 
 私が一番大切にしているのは「約束は必ず守ること」です。プライベートでも仕事でも、それは変わりません。アポイントメント、プラン内容、ご契約――沢山の約束があるかと思います。これからもひとつひとつを大切に、しっかりと守り続けていきます!

 

深澤 涼(ふかさわ りょう)
営業

埼玉県富士見市出身、在住。小中高大学とすべて東武東上線沿線の学校に通っていた東上線ヘビーユーザーです。特技は水泳。小学1年生から9年間習っていて、大学生のときには同じスイミングスクールでコーチをしていました。お笑い芸人の和牛と霜降り明星が好きで、どちらかが出ている公演を狙って観に行っていました。新宿の「ルミネtheよしもと」で是非お楽しみください! 好きな食べ物はからあげ。

 お客様の声