スタッフ紹介

朝霞店 営業 宅地建物取引士 2級建築士 1級建築施工管理技士 近藤 健一

近藤 健一

建物に興味を持ち、設計や現場管理もやっていました。

 マイタウンに入社する前は、新卒で入社した不動産仲介会社で8年、工務店で15年程勤務していました。
 この業界を選んだきっかけは、就職活動の際にハウスメーカーの会社説明会で「形のないものを売る営業」は営業力が試される、「お客様と一緒に感動することができ、これほど感謝される仕事はない」と聞いて、感銘を受けたからです。
 仲介会社で営業をしていた時は、お客様の要望を鵜呑みにするよりは希望されている条件の範囲内で自分の好みの物件を紹介するケースが多く、当時の自分の契約を振り返るとマンションや狭小住宅の契約より、駅からは少し離れても日当たりの良い二階建の契約比率が高かったです。仕事を続けて行く中で、自分の好きな営業スタイルは、建築条件付きの土地をお客様に勧めて、お客様と一緒に1から作り上げていくことだと気づきました。
 そういった仕事をしているうちに、建物にもっと詳しくなりたいという気持ちが強まり、前職の工務店に誘われた事もあって、お客様の家をつくるために必要な知識を働きながら学び始めました。
 設計の補助をしながら建築士の資格を取得したり、現場管理を学びながら一級建築施工監理技士も取得して、現場監督をしながら作業着で営業活動もしました。
 
 時代の流れもありアパート建築の需要が増え、間取や賃料設定、共同住宅の基準法を勉強しながら建築請負の仕事が増えてきました。おのずと投資家さんとの打合せ機会が増えたのですが、投資家の方は自分が住まない建物の為か、ドライな感覚で対応されることばかりで、その経験から心の通うやりとりがしたいと思うようになりました。
 
 前職の最後の1年半くらいで、立て続けにマイタウンの先輩から5、6件契約をしていただいたのですが、営業さんもお客様も皆さん感じの良い人ばかりで、売主として仕事がやりやすかったことから、マイタウンに入社できたら、自分もそういった人と働けるかな、楽しそうだなと思いました。仕事は楽しく、やりがいが無いと続かないので。
 

20211226近藤さん1枚目.jpg

お客様の不安を取り除き、最善をご提案していきます。

 マイタウンで「営業」を志したのは、お客様と最初のとっかかりでお話をするところから、設計、施工、お引渡しからその後まで関わりになれるからです。前職で間取りの打合せや現場打合せをした時に、自分が最初から専任で対応するのとは違い、他の営業の方のお客様と対応する時は探り探りになるケースも多く、ベストな提案というよりは無難な提案をする場合も多かったように思います。
 家づくりの様々な経験があるからこそ、打合せをスムーズに進めたり、お客様のご不明な点は分かり易い説明や色々な提案をしたりすることで、設計や監督のサポートもしていきたいと思っています。
 
 お客様の多くは、家というと大きな買い物と思っていらっしゃいます。「はい、買います」と即座に結論を出せないところには、何かしらの不安があるからではと思っています。だからこそ、家を売る営業はお客様の持つ不安を一緒に取り除いてあげる事が一番のサポートではないかと。
 人によって支払いに不安があったり、通勤距離の事、もし家族構成が変わったらなど、悩みの種は様々とは思いますが、家探しを始めた事に理由はあるはずなので、物件ごとのメリット、デメリットをご説明しながら、最適な提案を心がけるようにしています。
 

20211226近藤さん2枚目.jpg

一緒に思い入れのある家をつくりあげていきましょう!

 家づくりに関しては、永続的に完璧な家を目指すことは難しいことをお客様にもご理解いただくようにしています。30歳でご購入された方が60歳になると、使い勝手が変化していく事は当然あり得ます。その中で今だけではなく、将来も見据えたご提案をしていく事も大切だなと思います。
 
 例えばスイッチの位置。まだ間取りを検討中のお客様に対して、この位置だと使いにくいですよと言うよりは「他のお客様の家に行ったら、スイッチ周りのクロスに手垢が多かったので使いにくいと思いますよ」など、イメージのしやすい例えをお伝えしながら、一緒に家を作り上げていきたいです。
 
 あとはプラスワンのこだわり、個性を出しつつ機能性を兼ね備えた思い入れのある家づくりをして頂きたいです。
 思い入れがあるほど、掃除もより丁寧になると思います。オンリーワンの家づくりのお役に立てれば何よりです。
 

20211226近藤さん3枚目.jpg

実際に手を動かしたり、現地に赴いて体感する趣味が多いです。

 趣味はDIYや料理、山登りなど。雪山が好きで八ヶ岳を三峰、北アルプス、安達太良山も何度か登った好きな山です。冬は空気が澄んでいて景色が綺麗なのが魅力です。
 今は子供が小さいので、キノコ狩りや山菜取りなどハイキングに行っています。親の趣味に影響されたのか、子供もキノコ好きになり、まだ4歳の子が「あ、これヒラタケだ」って数種類わかるのを見て驚きました。
 
 好きな物、麺類は別枠にしてビールです。IPAや地ビールには目がありません。
 今までで一番美味しかったビールの記憶は、夏にも雪が残る白馬の大雪渓を8時間かけて登った後の、標高3000m付近で飲む山小屋の生ビールです。朝から汗だくになって、何も遮るものもない夕陽差す雲海をつまみに飲むビールは格別です。
 
 好きな言葉は「吾唯足知(われ、ただたるをしる)」。自分が何者か知っている事で人生が豊かになる、多くを求めすぎてもいけないというような意をトータルでまとめたような言葉です。欲をかいてもキリがない、今を大事にしようと自戒しています。
 現在の自分が満ち足りていないと、良い仕事は出来ないと考えています。
 
 
 
近藤 健一(こんどう けんいち)
営業 宅地建物取引士 2級建築士 1級建築施工管理技士

埼玉県入間市出身。所沢在住。現在、富士見市水子で家を建築中。男の子3人の5人家族。DIYが好きで、新居にボルダリングウォールなどの手を加えていくのが楽しみです。 趣味は料理、山登りの他、ダイビング、コーヒーもこだわりがあり、世界最高と言われるコーヒー「コピ・ルアク」を飲みに海外へ行ったことも。毎朝の豆から引いて飲むコーヒー好きで、道具がこっそり増えています。(笑) 実はうどん屋「うどんこんどう」(回文になっているのがポイント)を開業する夢がありました。

 お客様の声